即効性のあるわきがに良い制汗剤

MENU

ワキガ体質さん必見!汗をぴたっと止めるおすすめ制汗剤5つ

ワキガの人は、遺伝的に「アポクリン腺」という汗腺が多く、そこから分泌される汗を皮膚常在菌が分解することで、ワキガ臭を生み出しています。
つまり、この汗を完全にブロックできる制汗剤があれば、ワキガに悩まされることもなくなります。
ワキガのストレスから解放されたいという人のために、本当に使ってほしい制汗剤の選び方と、おすすめ商品をご紹介します。

制汗剤は“成分”で選ぼう

「とにかく効果が高い制汗剤が欲しい」そうは思っても、数多くのメーカーからデオドラント商品が発表され、ドラッグストアでも通販でも何を買ったら良いのかわからない…というのが本音ではないでしょうか。
本当に効く制汗剤が欲しいのであれば、選び方はまずパッケージの裏面に書かれた“成分”を見ることです。
しかし、化粧品の成分や薬品に余程詳しくない限り、いきなり制汗に効果のある成分を見極めろ、と言われても困ってしまいますよね。
そこで、商品を購入する前にチェックしてほしい、制汗効果のある成分をピックアップしてみました。

塩化アルミニウム

塩化アルミニウムは、市販の制汗剤に使用されている成分の中で、もっとも強力に発汗を抑えます。
塩化アルミニウムが汗腺を塞ぐことで、汗をせき止める効果があると考えられています。
ただし、塩化アルミニウムは水分と反応すると塩酸が発生するため、使用後にかゆみや痛みを感じる人が少なくありません。塩化アルミニウムが入っている制汗剤を使用する際には、まずパッチテストを行うか、初日の使用を少量に抑えるなどして様子を見ましょう。

クロルヒドロキシアルミニウム

塩化アルミニウムと同様に、汗腺に収れん作用が働き汗の分泌を抑制します。塩化アルミニウムと比べると効果はおとりますが、しっかりと汗をブロックするため、多くの市販デオドラント商品に配合されています。

ミョウバン

塩化アルミニウムでアレルギーが出た、皮膚が弱くて使用できない、という人は、このミョウバンがおすすめです。
ミョウバンは天然の鉱物で、食品にも使用されるなど安全性の高い成分です。古くから消臭に使用されており、多くのデオドラント商品に配合されています。
ミョウバンの収れん作用で汗腺がひきしまり汗を抑制したり、汗と反応して酸性になることでワキガの臭いを発生させる細菌が繁殖しづらい環境を作ってくれます。

パラフェノールスルホン酸亜鉛

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、汗の中のタンパク質と反応することで固まり、汗腺にふたをする金属塩です。
汗が分泌されなければ、脇の皮膚にいる常在菌も悪臭を出さないので、制汗とワキガ対策の両方を兼ねることができます。

イソプロピルメチルフェノール

アポクリン腺の汗を分解し腋臭を発生させるのが、肌の常在菌の一種である「ジフテロイド菌」です。この菌を殺菌する成分が、イソプロピルメチルフェノールや塩化ベンザルコニウム。
制汗作用はないので汗は通常と同じ量が出てしまいますが、臭いの発生源を退治できるので、こうした殺菌成分はワキガに悩んでいる人にとって大変重要な成分です。

本当に効くおすすめ制汗剤5つ

制汗剤選びに役立つ成分をチェックした後は、ご紹介した成分が使用され、口コミも良い制汗剤を5つピックアップします。

Banデオドラントロールオン高濃度ミルキータイプ

Banデオドラントロールオン高濃度ミルキータイプ画像

こちらはクロルヒドロキシアルミニウム(制汗)とイソプロピルメチルフェノール(殺菌)が配合されている、ロールオンタイプの制汗剤です。
乳白色のさらさらとした液体ですが、脇に直接塗ることができるので液だれの心配もありません。メンソールが配合されひんやりとした使用感で、汗をかいた後のケアに心地よく使用できます。


ワキ汗EXスティックタイプ

ワキ汗EXスティックタイプ画像

制汗成分クロルヒドロキシアルミニウムと、甘草由来の殺菌成分β-グリチルレチン酸が配合されたタイプ。植物から生まれた殺菌成分なので、肌にも負担がかかりません。
脇に直接塗った後は、汗で流れ落ちないドライベールに変わる処方なので、長時間の消臭・殺菌効果を持続します。


オドレミン

オドレミン画像

塩化アルミニウムが配合された、汗の抑制や多汗症の人も使用している制汗剤です。
まず瓶をよく振り、汗や臭いが気になる部分に優しく塗ります。塩化アルミニウムの副作用でかゆみやぴりぴりとした痛みを感じる方がいますが、大体の人が数分後には収まり、その後はぴたっと汗を止めます。


クリアネオ

クリアネオ画像

通信販売のみの扱いのワキガ対策専用クリームです。 パラフェノールスルホン酸亜鉛とイソプロピルメチルフェノールが配合。そのほか、7種類の天然成分を入れ、制汗・消臭に合わせて、美肌についても叶えてくれるクリームです。
また、ワキガ用クリームは1万円前後するものも多い中で、これほどきちんと有効成分を配合しながら値段は5,980円(税抜)と、コストパフォーマンスが非常に高いことも魅力のひとつです。


ラポマイン

ラポマイン画像

こちらもクリアネオと同様、殺菌成分イソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛が汗を抑制します。こちらの特徴として、アロマでも人気のあるカモミールやトウキンセンカのエキスが使用されています
ワキガ体質で毎日消臭・殺菌を繰り替えしていてる人は、脇の下の皮膚が弱くなっていたり、肌荒れを起こしやすくなっています。そうした弱くなった肌を、消炎作用やリラックス効果があるアロマのエキスでケアしてくれます。


まとめ

ワキガや多汗症の症状がない人であれば、パッケージやCMだけを見て選んだ制汗剤でも、十分効果を感じられるはずです。
しかし、ワキガの悩みを解消したいという人は、臭いを生む菌を殺菌できる成分や、汗を徹底的にブロックできる成分が入っているかどうかを吟味しなければ、納得の商品にはなかなか出会えません。
長く聞きなれない名前の成分ばかりですが、コンプレックスとさよならするためにも、メモをとって検討中の商品をチェックしてみてはいかがでしょうか。